地域で選ぶ

何もない部屋

現在の住宅はより長持ちする材料や構造が採用されています。
さらに国や自治体が推進する長期優良住宅認定制度もあり、より長期間安心して暮らせる住宅が普及しているのです。
とはいえこういった住宅の長持ちというのはあくまでも柱や梁、建物の土台など躯体となる部材が長期間劣化しにくいというものが多いのです。
それに比べると外壁や屋根などは劣化年数が短く建物全体をより安全に維持しようとすると十年単位程度でメンテナンスする必要があるのです。
もちろん使用している材料によってメンテナンスの期間も変わります。
さらに日々のお手入れの状態によっても期間が変わってくる場合もあります。
とはいえ外壁、屋根など日々のおていれば不可能でなおかつ雨風にさらされる部分は目に見えなくても劣化してしまっているのです。

最近の住宅に多く採用されている外壁材の一つがサイディングと呼ばれる繊維質とセメントを混ぜた板です。
これらの材料を混ぜて板が完成した後にh表面に塗装を行い色やデザインを完成させます。
さらにこの塗装の上にコーティングを施すことで防水性が増し日光が当たっても外壁材が劣化するのを防ぐのです。
とはいえ当然年月が経つとこのコーティングは劣化しはがれてしまいます。
自宅の外壁がサイディングという場合そのサイディングを手で擦ってみてください。
白い粉が手に付いたらコーティングがはがれている証拠です。
もちろんはがれているからとすぐに悪影響があるわけではありません。
しかし放置しておくと内部の部材を傷めてしまうなど住宅を劣化させてしまうのです。
表面の塗装やコーティングだけでもリフォームすることで建物の価値を長持ちさせることができるのです。