シュミレーション

テレビのあるリビング

外壁塗装のリフォーム工事は、どんな住宅でも必ず定期的にすることです。
外壁塗装リフォームが必要な理由は、大きく分けて「機能性を保つため」と「見た目の美しさを維持するため」に分けることができます。
外壁のモルタルやサイディングなどに塗られている塗料は、雨や風に晒され、年数が経つにつれて傷んで剥がれやすくなっていきます。
そのままにしておくと雨水が入りやすくなり、腐っていくこともあります。
それに外壁の塗料が剥がれている住宅はあまり住みたくないものです。
リフォーム工事をすることで、機能性も審美性も新築当時のように高めることができます。
また、違う色に変えることでまったく違った住宅のように生まれ変わらせることも可能です。

外壁の塗装を塗り直すリフォームは、基本的にすべて外側だけでの作業になります。
室内には影響しないので、リフォーム工事期間中は普段取りの生活を送ることができます。
ただし、工事をするために家全体に足場が組まれます。
そして足場の上を業者が歩き回ることになります。
そのため、家の中にいても落ち着かなかったり、窓から覗かれているような気分になることもあり、ストレスを感じる場合もあります。
また、外壁リフォームが室内のリフォームと決定的に違うのが天候に左右されやすいという点です。
梅雨の時期などは雨が続くと何日も工事が中断することもざらにあります。
そうすると普段通りの生活に戻るのに長い期間がかかります。
なるべくストレスなく工事をするには梅雨時を避けることをお勧めします。