資料請求を行なう

作業中の男

新築住宅着工戸数は、過去160万戸を超えた時代もありましたが、現在は少子化も進み、今後80万戸を超える事はないと言われています。
新築市場が衰退する一方、住宅・建設業界で今後成長が見込めるとして期待を集めているものがリフォーム市場です。
リフォームは住宅を長く保持するために必要不可欠です。
そしてその中でも外壁塗装は住宅の保護機能向上のためにも重要なメンテナンスの一つと言えます。
一昔前、外壁塗装業界は訪問販売がメインでした。
しかし今はこれらの企業は衰退し、外壁塗装におけるメイン業者が不在の状態となっています。
そこで今、地元の工務店、塗装店、リフォーム店や大手住宅メーカー、異業種からの参入が始まっています。

外壁塗装業界への新規参入後、各企業それぞれの強みを活かした戦いが始まってきています。
地元の工務店、塗装店、リフォーム店は過去の地域での実績を活かし、今まで培った地域住民の信頼を得てより多くの受注を目指しています。
大手住宅メーカーは新築建設のノウハウを活かし、リフォームをトータルでサポートする事で多くの顧客を取り込もうとしています。
大手電機量販店、大手ショッピングモールは既に持っている集客力を活かして、本格参入を始めています。
今、新築住宅着工戸数が過去最大だった時期から20年が経とうとしており、リフォームの需要は今後増加していきます。
その需要を取り込むために、各企業が品質向上、他企業との差別化をはかり、生き残りを模索しています。